風俗嬢の本名や住所を調べる方法とは?

2024/03/06

風俗嬢の本名や住所を調べる方法とは?

付き合っている風俗嬢にお金を貸したら行方がわからなくなってしまったので行方を知りたい。

風俗嬢の本名や住所を調べる方法はありますか?

という質問を頂きましたので答えていきたいと思います。

どのような時に本名や住所が必要なのか?

まず、どのようなときに本名や住所が必要になるのでしょうか。

例を見てみましょう。

①浮気相手の慰謝料請求

例えば旦那と風俗嬢の不倫の場合、風俗嬢の本名と住所がわからないと内容証明を送ることが出来ません。


②お金を貸して返ってこない場合、裁判を起こすため

裁判所に訴状を提出する際、一般的に氏名、住所、電話番号が必要となります。


今回の場合もお金を貸しているためこちらに該当致します。


調べるにはどのような方法があるのか?

・SNSで調べる


・インターネットに情報がないか探す


・弁護士を使い、弁護士照会を行なう


・探偵事務所・興信所に依頼する

などの方法があります。


SNSやインターネットでは直接住所や本名に繋がる事は少ないので、情報収集程度に考えた方が良いでしょう。


情報が多くあった方が探偵事務所に頼んだ際も見つかりやすくなります。


避けた方が良い自分での調査

下記のような自分での調査は避けましょう。


・お店に直接聞く


・自分で尾行をする


個人情報を漏洩させないために、お店が本名や住所を教えてくれる事はありません。


むしろ探している事が本人に伝わり、その後の調査の成功率が下がってしまいます。


自分で尾行した場合も、必ずしも風俗嬢の自宅に帰宅する訳ではないため、ちゃんとした本人の自宅が見つかるかどうかは素人では判断が難しくなります。


別の避けた方が良い例

また、下記のような自分での調査も避けましょう。


1. 個人情報を不正に入手するためのハッキングやクラッキング。

2. 不正アクセスやネットワーク侵入を行うこと。

3. 不正な手段でデータベースやサーバーにアクセスすること。

4. 盗聴や盗撮などのプライバシー侵害行為を行うこと。

5. 偽造文書や身元証明書を使用して情報を入手しようとすること。


これらの行為は法律に違反し、深刻な法的な問題を引き起こす可能性があります。


プライバシーを尊重し、合法的かつ倫理的な手段で情報を入手することが重要です。

自身で特定する際のリスクとは?

自分で身元を特定しようとする場合、下記のような罪に抵触してしまう可能性があります。

・ストーカー規制法


・住居侵入罪


お金を貸していて返してもらっていないのに連絡をブロックされた、交際していて連絡が突然途絶えた、などの理由があっても

風俗嬢側の言い分次第でストーカー規制法に抵触する可能性はございます。


また、住所を特定して待ち伏せしていた場合も、住居侵入罪に問われる可能性があります。


まとめ

自身での調査はどこからが法に触れてしまうのかが状況や相手次第なところもあり、不安が残るかと思いますが、

探偵事務所や興信所などのプロに依頼すると法律を遵守して調査が可能となります。


風俗嬢の本名や住所を知りたい方は、ぜひエシュロン総合探偵社までご連絡ください。


この記事のタイトルとURLをコピーする

この記事を書いた事務所

エシュロン総合探偵社

エシュロン総合探偵社

東京・新宿区のエシュロン総合探偵社は、浮気調査から企業調査まで幅広く対応。初めての相談も気軽に、料金は明確で予算に応じたプランも可能。信用と実績で選ばれる探偵社です。24時間365日対応で、あなたの問題を確実に解決します。

関連記事

お問い合わせ

エシュロン総合探偵社は
無料相談を受け付けています。
お気軽にご相談下さい

Tel.0120-734-997